和名ミドリムシはユーグレナ

ユーグレナとは単細胞真核藻類に属される

光合成をおこなうから

ユーグレナは和名をミドリムシとも言い、かつて理科の授業では微生物として教わりましたが、実際は単細胞真核藻(も)類に属している鞭毛虫です。かなりの種類が存在するとされ、現在1000種ほどが確認されています。

主に光合成をおこなうことから緑色の色彩を持ち栄養豊富な水たまりや水田などに生育しましたが、昨今では人工培養もされるようになり注目されています。

これにより現代食生活で不足しがちな栄養素を補てんする意味で期待がかかるユーグレナは、野菜に含まれるビタミンやミネラルの成分に加え、魚類に含まれる、DHA、EPAなどの不飽和脂肪酸も持ち合わせています。その種類も59種ほどにもわたり未来の食材としての利用価値が取りざたされています。

高い吸収率を誇るユーグレナは、日々の健康を担う大切な要素として期待がかかるほか、ユーグレナだけが携える「パラミロン」はコレステロールなどの不要物を取り込め、食物繊維のような難消化性から体外に排出される特徴を持っています。

 

消化吸収力はなんと93.1%

ユーグレナが注目される原因の一つに、驚きの吸収力があります。消化吸収力93.1%のユーグレナは、植物性、動物性双方の栄養素を高レベルで消化吸収できることが特徴で、これまでにない多角的な栄養素摂取にとても有効です。

また乳酸菌を活性化させることも認められていて、牛乳をヨーグルトに変える乳酸菌発酵を助長させるなどの側面も持っています。

さらに化粧品としての活用も期待されていて、紫外線に対する防御力強化、若々しい肌を促進する皮膚線維芽細胞の増殖効果、コラーゲンの合成を促す働きなどが期待されています。

そして食品としてだけでなく、ユーグレナに含まれる成分がバイオ燃料の原料になることも実証され、軽量が有利に働くジェット燃料などへの転用も始まっています。

このユーグレナは培養地を必要とせず、人間の食生活に直接影響を与えないバイオ燃料の原料としての期待がかかっています。敷地面積当たりの油脂生産量の高さからますます期待が高まる天然素材なのです。